弘前りんご花まつり2023 in弘前市りんご公園

イベント
スポンサーリンク

どうも、夫のDです。

弘前 りんご公園 りんご花まつり !!
どうも、夫のDです。 ゴールデンウイーク最終日です。旅行はできませんでしたが、青森県内で最後まで休みを満喫しました!!来...

昨年も訪れた「弘前りんご花まつり」に今年も行ってきましたので紹介したいと思います。

昨年はコロナのど真ん中ということで入場制限がありましたが、今年は自由に出入りできるようになりました。

今日は天気も良く、岩木山がしっかりと顔を出してくれたので、リンゴのオブジェと一緒にツーショットの写真を撮れました♪

今日は、弘前市の様々なアップルパイが食べられると思い、「アップルパイ大集合」目当てに行ったのですが、11時の時点ですでに大行列だったらしく、12時に到着した時には売り切れていて、アップルパイを楽しむことはできませんでした。。。

今年もいろいろなキッチンカーが参加していたので、アップルパイを諦めてキッチンカーのお店を堪能してきましたので、いろいろとご紹介していきたいと思います。

レンタルルーム スペース カフェ テイクアウト
ゼロセカンドはカフェメニューを様々なスタイルで提供するカフェ。 レンタルルーム、キッチンカー、マルシェなど、カフェ空間を...

1軒目は、秋田の大館市で経営している「Cafeゼロセカンド0+2(カフェゼロセカンド)」です。
ここでは2つ注文しました。

1つ目は、「フレンチトースト」です。
こちらのフレンチトーストは、秋田県の特産品である「あきたこまち」を練り込んだベーグルを使用しており、もちもちの食感が特徴的でした。
トーストの中まで卵が染み込んでおり、串に刺して提供されるため、歩きながらでも食べやすいです。

2つ目は「ベニエドーナツ」です。
ベニエという言葉を初めて聞いたので調べてみると、フランス語で揚げた生地のことで、簡単に言うと穴のないドーナツのフランス版だそうです。
見た目は四角いドーナツで、手に取るとふわっとした感触でしたが、噛んでみるとしっかりとした弾力がありました。
サラサラの粉砂糖がたっぷりかかっていて、ドーナツの甘みと相まってとても美味しくいただけました。

2軒目はたぶんパンを売っていたので、読み方は「pandy(パンディ)」でいいと思うのですが、ここで買いました。

ここでは、ドイツパンの一種であるラウゲンブロートを使用した「あんバターサンド」を購入しました。
ドイツパンなので、生地がしっかりしていて、パンに挟まれた餡は少し塩気があるが甘みがあり、無塩バターの風味とマッチしていました。

ブラウザーをアップデートしてください | Facebook

最後は、陽気なキャラクターが描いてある「ドッピーキッチンモービス」です。
これは、かみどてキッチンカープロジェクトチームが運営しているキッチンカーになります。

今回は、きむら屋の自家製カレーパンを1個200円で販売しておりました。

お店のお母さんが揚げたてで出してくれました。
中を割ると、りんごのコンポートが丸っと入っており、カレーはキーマがベースになっていました。
カレーは少しスパイシーでしたが、中のリンゴの甘みが辛さを中和してくれて、サクサクした食感がとてもおいしかったです。

「弘前りんご花まつり」は5月7日まで開催されるので、まだ行ったことがない方はぜひ行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました